私も含めて多くの人を魅了した「ロマンシングサガ -ミンストレルソング-」

「ロマンシングサガ -ミンストレルソング-」はスーパーファミコンに有った「ロマンシングサガ」をリメイクしたゲームです。

もともとのロマンシングサガも複数キャラとストーリーの自由度、そしてひらめきという技の発動システムで根強いファンが多いゲームで、私もご多聞に漏れずにそのファンの1人でした。

だからリメイクされたこのゲームを発売日当日に買い、多くの時間をその攻略に費やして挑戦しました。

ですがシンプルなプレイだと簡単にクリアできたのが、このゲームをやり込み始めると途端にそこには高い山が現れ、そして途中で挫折することになったのです。

数年後に再び手に取り、攻略本や攻略サイトの力を借りてやっとこのゲームをやり込むことに成功した際に感じたあのやりきった感は、2度とゲームでは味わうことのない感覚でしょう。

それほどにこのゲームは深いのです。普通にクリアするなら何の問題もありません。製作者側の救済処置として強力な術も存在しており、誰でもクリアできるようになっています。

ですが青の剣という武器や王冠モンスター、全キャラでのクリアに1プレイでの全イベント制覇、そして救済処置を用いずにやる最強化したラスボスとの戦闘などのやり込み要素が絡んでくると途端に難易度は跳ね上がってしまいます。

特に私と同じく青の剣の獲得の前に挫折した人は少なくないはずです。

私は挫折した後、色々あって1度このゲームから離れることになりましたが、多くの人がその難題に立ち向かいました。

青の剣を手に入れるために内部データから分析して、高い確率でそれを手に入れるための方法を考案し、王冠モンスターを意図的に出現させるための方法も生まれました。

このゲームを愛する多くの人の努力と考察によってこのゲームは今普通にやり込めるゲームになったのです。

これほど長い間考察されたゲームを私は知りません。それは同時にそれだけの人を魅了する力がこのゲームにあったという証明にもなるのでしょう。

私も挫折してなお完全に離れることは出来ずに戻ってくることになりました。全キャラをクリアした後にあるおまけイベントはこのゲームを本当に好きだった人達に向けた製作者からの粋な計らいにも見え、やりこんでよかったと思わせるとてもいい演出でした。

このロマンシングサガ -ミンストレルソング- は、私のやったゲームのなかで3本の指に入るほどの名作で、同時に大好きな作品でもあります。

このゲームの深さを知りたいなら挑戦してみてください。きっとその魅力に嵌るはずです。