思った以上に盛り上がった塊魂

この塊魂というゲームは、リアルタイムで購入してプレイしたわけではありません。

テレビCMで流れていたのは認識していましたが、正直当時は中二病的な志向真っ盛りだったためにポップ感を前面に押し出したマーケティングには

全くと言っていいほど食いつく気がしませんでした。

このゲームを手に取ろうと思ったのはここ数年と言う割と最近、ニコニコ動画にプレイ実況動画が投稿されているのをたまたま見たのが切っ掛けです。

何かその時の趣味に合わなかったからと言って手を出していなかったのが非常にもったいなく思える程度には面白そうじゃあないですか。

さっそく多分amazonだったかで中古を購入。

で、一人で遊ぶのも何なので暇な友人を集めて一緒に遊ぶことにしました。

うまい事起動できなかったり思ったほど面白くなくてもそれはそれでネタになりますし、そのまま懐かしの格闘ゲー大会に移行すればいいだけの話ですからね。

そんな非常に軽い気持ちで始めたこの塊魂ですが、それはもう思った以上の盛り上がりとなってくれました。

ゲームルールとしては単純で、オブジェクトを転がしてその辺の物をくっつけまくってだんだん大きくしていくというそれだけなんですが、最初のうちは机の上の虫みたいなサイズだったのが部屋、庭そして街に繰り出していき最終的には地球規模というドラゴンボールみたいなインフレをするんですよね。

結局集まった全員、寝ないで朝までプレイしてしまいました。

こんな熱中できるならもっと早いうちに遊んでおきたかったと後悔した半面友達のあまりいなかった発売当時に買ってもこんな盛り上がりは体験できなかっただろうなあ、という複雑なものがあります。